読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

混沌としてるブログ

一瞬の閃き 葛藤した時 思いつきで 行きます

多動性症的リーダー?

多動症 ADHD

多動症リーダー?

リーダー?

多動症的リーダー

「多動症的リーダー」が持つ力 : まだ東京で消耗してるの?

このブログに 救われました。何か大事なものを忘れてしまうところでした。

多動症的リーダーの持つ力

  • どんどん行動する割に、予定調整が適当
  • 周囲から見ると、かなり大風呂敷な発言をする
  • 事務処理能力ゼロ
  • 専門的な知識や能力があるわけではない(ように見える)
  • 生活能力が高い。現金ゼロでも生きていける(ように見える)
  • 言語運用能力が低い。自分自身について、自分のやろうとしていることをうまく説明できない
  • 異様な行動力。気がつくと物理的に遠い場所にいる
  • 他のメンバーが処理できないような仕事をどんどん引っ張ってくる
  • 人たらし。他のメンバーが気付かない間に仲間をどんどん増やしていく

そして、ときに他のメンバーをうんざりさせ、一部は離れていく

  • 総合的に見ると仲間はどんどん増えている

彼らは持ち前の「愛される力」をもって、さまざまな場所に出向き、どんどん仲間を集め、周囲に迷惑をかけながら、組織を力強いものにしていきます。



f:id:windryo2005:20150831061527j:plain




5年前

確かに コレに近い事を言われた

存在自体がストーリー


多動症的であるがゆえ、彼らは適度に周囲にいる人々を、常にワクワクさせることができます。次はどこに行くのか、今は何をしているのか、1年後はどうなっているのか。彼らは存在自体がストーリー性を持っており、勝手に周りが追いかけてしまうんです。


彼らは情報発信が苦手なので、メディアとしては格好のネタでもあります。こちらも取材していて「え!?そんなことしてるんですか!?」と驚きがたくさんで、大変楽しい時間になります(あとから関係者に訂正を求められることもありますがw)。

不思議とネガティブなニュアンスが漂っていますが、ぼくは「多動症」というのは褒め言葉だと思うんですよね。すごいじゃないですか、ナチュラルボーンに「多動」でいられることって。「天才」の言い換えだとすら思いますよ。ぼくももっと多動になりたいです。




f:id:windryo2005:20150831061757j:plain