読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

混沌としてるブログ

一瞬の閃き 葛藤した時 思いつきで 行きます

人類の進化

多動症 混沌 ADHD

人類の進化 ・とは?

人類の進化に関する現代の概念は、ヒトや猿は100万年前から存在した類人猿から発達したという説に基づいています。この説によると、遺伝子および環境の要素の組み合せが異なった人種をもつ人類を誕生させ、別の道をたどった現代の猿をもたらしたといわれています。おそらく、最も有名な進化論の提案者は、種の起源(1859年出版)で進化論を説いたチャールズ・ダーウィン(1809-82年)でしょう。彼の作品は、ビーグル号(1831-36年)で世界中を旅した5年間の経験に基づいています。その時以来、人類の起源は「進化」の観点から説明されています。さらに、人類の進化論は新しい発見、修正の導入、や科学的検証と共にその概念を変え続けています。

人類進化の700万年 (講談社現代新書)

人類進化の700万年 (講談社現代新書)

生物の進化 大図鑑

生物の進化 大図鑑

人類の進化 ・進化論の概念

人類に関しての進化論は現在3つの主要な原則に安住しています。 全ての生物は生殖過程を通して将来備えられている遺伝子を代々子孫に受け継いで行き、同族は共通のデザインを所有するのが最終的解釈です。この見解を基にすると別な種類の肉体的国「に備えられた類似性と特徴は創造主とデザイナーによる設計図であると認識せざるを得ません。


進化論の第一教義は「小進化」‐有機体の遺伝子配列に異変と発生の積み重ね。異変は基本的に偶然発生だが、交配の過程で自然に発生するか放射反応、科学的反応から生じる場合もある。


第二の教義は自然淘汰自然淘汰とは強いものがその遺伝を受け継いで生き残り、「適者生存」または「弱者廃絶」とも言われ、弱いものが生存競争に敗北する自然の法則。


第三の教義は「種の分化」交配不可狽ネ変異が発生する。異変によって出来た種は他のグループから孤立してしまうので、変種分化後の新しい種は他の種や以前の種類と交配が不可狽ノなる。

人類の進化 ・科学的証拠

人類の進化に関する理論は人類学、古生物学、および分子生物学の分野のある観測および研究で支えられています。それらの研究は「系統樹(tree of life)」と呼ばれる、何億年ものゆっくりとした祖先の分岐を示します。これは主流の科学界でも、科学的に証明された事実として受け入れられています。しかし、より厳密な試験は幾つかの誤解や他の理論の合理性を明かにします。それにつれ、ダーウィンの進化論は人類の起源の説明に欠けるとして、異議する科学者が増えています。


人類の進化の主要な証拠の1つには相同性(種の間の解剖学的や遺伝的な特徴の類似性。)があります。例として、サルと人間の骸骨の国「の類似は共通の先祖の有力な証拠として、相同的な遺伝子の配列にも関連付けることができます。この議論は類似性が関連性と等しいという主要な推理を含んでいます。いいかえますと、2つの種がより類似するように見えれば見えるほど、それらはお互いより密接に関係があると解釈されているということです。これは不助ェな推理であることが知られています。全く関係性が無くとも、2つの異なる種が相同的な解剖をもつことがあります。これは、進化論の用語では「コンバージェンス」と呼ばれています。現在では、全く異なる種の中でも完全に異なった遺伝子セグメントから相同の特徴が作られることが知られています。コンバージェンスは生物の解剖学的な迫ヘは、特定の機柏ォの必要性から生じることを意味します。これは相同性と祖先学のコンセプトへ致命的な概念です。


さらに、人類の進化は化石記録の比較解剖学の観点から議論されています。しかし、化石の記録は飛躍的な変化よりも、安定した変化の経過を示しています。つまり、現代の種に至るまでの中間の段階 ・いわゆる「失われた鎖の環」が欠けてるのです。そして、残念ながら、古人類学の分野は今まで多くの偽りを面してきました。ヒトとホモ・サピエンスの中間には豚や猿が入ったとまでいわれています。確かに人類の間で遺伝子の異種性は観測できますが、自然淘汰の過程が種分化をもたらしたという概念は議論されています。進化が人類の起源なのかどうかの確実性を疑う研究者の出現は途絶えません。

人類の進化 ・擬視

人類の進化に関する論は、化石発掘の記録、「遺伝子異変説」に関する曖昧な解釈、および種分化を証明する実験不足や観測不足のため、擬視されて来ています。総合的に、上記で述べてきた人類の進化論は科学の学会でヒトの起源の理論として受け入れられています。これは、理論が科学的に証明されたのではなく、異なった観点は現代の自然主義的な理論に反する形而上学の含意だと言う事をもたらします。ともかく、人間の進化論を深く追求するにつれ、その根拠は科学的なものではなく、より信念に頼るものであることを認識しなければなりません。